スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WCLCのペイシェントアドボカシーアワード 受賞

日本肺がん患者連絡会の代表の長谷川一男さんが WCLCのペイシェントアドボカシーアワード
賞(患者を支援した人)を受賞されました。凄いですね! 
世界で5人しか選ばれないそうですよ。
ご自分の体調も良くない中凄く頑張っていたので 受賞されて私も嬉しいです。

私の5月からの胸の痛みは骨転移が原因かなと思われます。
今回放射線治療は
「イレッサー」を4年服用しているので間質性肺炎になりやすく出来ない。
又転移した胸骨の場所が心臓に近く危険で無理がある。
放射線をかける間 イレッサーを止めなければならない

等の理由で開胸手術に決まりました。

そして「イレッサ」が効いていないとしたら 生研の必要があります。

今の私の場合 生研は骨から取るのが 一番がんが広まらないそうです。
開胸手術も止むえないと覚悟を決めました。

「タグリッソ」使えるかな~。
不安もありますが 手術をして下さる先生に感謝です。

次回患者会には 行きたいな~。
だから頑張ります!


            北海道肺がん患者と家族の会

 日 時 11月2日(水) 午後1時~3時
 場 所 KKR札幌医療センター  会議室
      札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口徒歩3分
 顧 問 KKR 札幌医療センター 磯部 宏院長

    参加費 申し込み不要です。 気軽にお喋りしませんか。


hana-s.png
スポンサーサイト

がん新薬の併用で死亡例 臨床腫瘍学会が注意喚起

日本臨床腫瘍学会は13日、がんの新薬「オプジーボ」の投与後に、
別の種類のがん治療薬を併用した肺がん患者が副作用とみられる
間質性肺疾患を発症し死亡した例があるとして注意喚起した。
 オプジーボを製造する小野薬品工業(大阪市)は影響が否定できない症例が7例あり、
3例が死亡したとしている。併用された薬剤「タグリッソ」を製造する
アストラゼネカ(大阪市)は投与中は十分に経過観察し
異常があれば中止するよう呼び掛けた。
両方の薬とも添付文書の「重大な副作用」に間質性肺疾患を記載している。
厚生労働省は「情報を収集して専門家らと協議し、必要な対応を取りたい」と話した。
オプジーボは、患者の免疫の働きを利用してがんを治療する新薬として注目を集めている。
臨床腫瘍学会は「海外から個人輸入して適応症以外のがんに投与し、
副作用に対処できずに大きな問題となっている」と警鐘を鳴らしている。〔共同〕


下の製薬会社の個所をクリックして下さい。詳しく書かれています。
タグリッソを服用しての「間質性肺炎等の注意」として
アストラゼネカ株式会社出ました。

小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
オプジーボ使用終了後 間質性肺炎の注意がでました。

            北海道肺がん患者と家族の会

 日 時 9月7日(水) 午後1時~3時
 場 所 KKR札幌医療センター  会議室
      札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口徒歩3分
 顧 問 KKR 札幌医療センター 磯部 宏院長

    参加費 申し込み不要です。 気軽にお喋りしませんか。

倶知安からの羊蹄山 S(1024x768)

北大 がん転移の仕組み解明

「北大 がん転移の仕組み解明」という嬉しいニュースが何度も放送されていました。
「がん」になってから「再発」「転移」と言う不安は常にあります。
これがもし解決されるとしたら 夢のような事です。
早く 早く もっと もっと研究が進んで欲しいです。

北大 がん転移の仕組み解明北海道大学の研究チームは
がん細胞が血管に入りこむ新たなメカニズムを突き止め、
がん転移のより早い診断などにつな がるのではと期待されています。
がんの他の臓器への転移は、がん細胞が血管の細胞の間を通り抜けて
血液に入りこむことで起きるとされています。
また、がん細胞が血管の細胞の間を通り抜けるのは、
がん細胞が持つ機能によると考えられています。
北大の研究チームがさらに研究を進めた結果、がん細胞は、
腫瘍に接した血管の内側にある細胞から出るたんぱく質に誘 導されて血管を通り抜けることが
マウスによる実験などによって新たに分かりました。
がんが転移する新たなメカニズムがわかったことで、
がんの転移のより早い発見や転移を抑制する薬剤の開発などにつな がると期待されます。
研究チームの樋田京子特任准教授は、「さらに研究を進めていくことで、
がんが転移する前に転移の兆候を発見して抑え ることができ、
助けられる人たちを増やせたらと思います」と話しています。
この研究成果について、北海道がんセンターの加藤秀則副院長は、
「がんの転移を防ぐことはなかなか難しい中、患者個 人にあった診断や
転移の予防的治療ができるという可能性が広がり、非常に期待が持てる成果だ。
今後の薬剤開発にぜひ 役立ててほしい」と話しています。

            北海道肺がん患者と家族の会

 日 時 7月6日(水) 午後1時~3時
 場 所 KKR札幌医療センター  会議室
      札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口徒歩3分
 顧 問 KKR 札幌医療センター 磯部 宏院長

    参加費 申し込み不要です。 気軽にお喋りしませんか。


SIMG_4002.jpg

がん細胞

img071.jpg

嬉しい記事が載っていました。
がん細胞の研究が進んでいます。諦めないで頑張って待ちたいと思います。

sフルーツ完成

費用対効果検証

朝日新聞 天声人語に掲載されていた文章を抜粋させていただきました。
s費用対効果
今月の患者会は第3水曜日5月18日です。
チラシ
プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。