スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が痛い

ある患者会で知り合った函館の病友が先日亡くなりました。
「北海道肺がん患者と家族の会」を立ち上げの時から応援してくださり
賛同のお電話を何度もいただきました。 
昨年秋には体調が悪いのにもかかわらず 患者会に参加して最後のお別れに来てくれました。
札幌駅でのお別れはとても悲しく忘れられません。
亡くなる2日前にもお話しできました。「どこが痛いの?」と聞くと「心が痛い」
と答えていました。亡くなった後ご主人様にお聞きすると「手にも足にも激痛があった」
と言われました。でもそれ以上に心が痛かったのだと思います。
「今は 貴女の本当の辛さを 全ては理解出来てないけど 私がその時になったら貴女が
頑張っていた事 そしてこんな心境だったのねと思うから」と約束しました。
彼女も「きっとその時は 私を思いだしてね」と言いました。それが彼女との最後の会話に
なりました。彼女は最後まで一所懸命生きました。家族の一日でも長く生きて欲しいという
願いに 札幌まで手術を受けに来られ 無理だという辛い抗がん剤治療にも耐えました。
いつも患者会の必要性 そうして患者どうしが支え合う大切さを話されていました。
医療者だけではカバーしきれない 患者どうしだから支え合い 助けあえる事があります。
彼女は亡くなりましたが これからもずーっと私の心の中で生き続け力づけてくれると思います。

          
             第7回 北海道肺がん患者と家族の会

   日  時     5月20日(水) 午後1時~午後3時
   場  所     KKR札幌医療センター  3階第4会議室
              札幌市豊平区平岸1条6丁目 
              地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口 徒歩3分
  
   アドバイザー   礒部 宏先生
              (KKR札幌医療センター 診療部長 腫瘍センター長)
   
   対   象     肺がん患者・家族のみなさん・応援して下さるみなさん
 
            
             参加費 予約不要です。

スポンサーサイト

肺がんの権威 磯部 宏先生

皆様に素晴らしいお知らせがあります。
この会の発足時からお力添いいただき毎回アドバイザーとして
同席してくださっています山田 富美子さんが KKR札幌医療センター礒部 宏先生に
「北海道肺がん患者と家族の会」のお話をして下さいました。
そして磯部先生が心良く患者会に同席して下さる事を お引き受け下さり
KKR札幌医療センター共催という形になりました。
私は偶然8年前に磯部先生の講演をお聞きしました。「自分の患者達を 治療方法が
無いからと他の病院に移すのが忍びなく 
緩和ケア病棟のある病院に移った」とお聞きしました。
素晴らしい先生がいらっしゃるなぁと その当時から思っていました。
その後も 何回か講演を聞かせて頂きました。
温かいお話をなさる先生だなぁという印象が残っています。
その磯部先生が 「北海道肺がん患者会と家族の会」に同席して 
アドバイスして頂けるのがまだ夢のようです。
会は今まで通り奇数月第1水曜日ですが場所が 
KKR札幌医療センターにかわります。
そして5月はたまたま第一水曜日が祭日ですので 磯部先生のご厚意で 
第3水曜日20日に開催して下さる事になりました。
「北海道肺がん患者と家族の会」を発足させたのが 昨年の5月です。
1年後にこのような形で 磯部先生のもとで開催できるようになった事に
最初からお手伝いして下さった方々患者会に来て下さった皆様
ずーっとご心配頂いたアドバイザーの方々皆様に感謝しかありません。

          
             第7回 北海道肺がん患者と家族の会

   日  時     5月20日(水) 午後1時~午後3時
   場  所     KKR札幌医療センター  3階第4会議室
              札幌市豊平区平岸1条6丁目 
              地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口 徒歩3分
  
   アドバイザー   礒部 宏先生
              (KKR札幌医療センター 診療部長 腫瘍センター長)
   
   対   象     肺がん患者・家族のみなさん・応援して下さるみなさん
 
            
             参加費 予約不要です。磯部先生を囲んで 「肺がん」について
             おききしませんか。       

sかぼちゃの馬車


    

天使のような女性

少しでも元気なうちに見てきたい場所があり 2月に札幌を留守にしました。
そこでの景色は「感動」の一言でした。又旅先で知り合ったお友達同士でいらしていた
お二人の女性との出会いも貴重な思い出になりました。
お一人の方は リハビリーのお仕事をずーっとなさっていたと話され 家族との病気との
付き合い方 受け入れ方等心構えを アドバイスして下さいました。
もう一人の可愛い女性は 気配りの出来るまるで「天使」のような女性で 私が困っていると
すーっと寄ってきて助けて下さいました。私は帰りの飛行機の中から熱が続き 札幌に戻って
病院に行った時は「インフルエンザB型」と言われてしまい 10日間も寝込んでしまいました。
あのお二人の女性に移していないかとても気になっています。
そんな訳で昨日の患者会は行けなくてとても残念でした。
もう少し元気になりましたら 患者会のご報告させて下さいね。
プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。