スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺がんのこと in 札幌

肺がん講座ー1肺がん講座ー2
日本肺がん学会市民講座が 9月10日札幌であります。
日本肺がん患者連絡会の一員として「肺がん治療と向き合って」と言う題で
私もお話させていただきます。
FAXかメールでのお申込みが必要です。是非聞きに来て下さい。
ここ1月前位から右肺(胸骨? 胸膜?)が痛い日が続いていました。
肺は痛みを感じませんので手術あとの部分骨折か胸膜の
転移かなと思いながら忙しい日々を送っていました。
でも段々痛みがひどくなり 夜も眠れない日が続いたので予約なしで
受診をお願いしました。とても丁寧な先生なのと その日は学生さんと一緒に患者さんを
診る日だったために私の順番が来た時にはもう夕方になっていました。
先生はお疲れからか目が真っ赤でしたが
丁寧に診て下さり後日検査になりました。
とりあえず痛み止めのお薬を処方して下さったのですが 
痛み止めのお薬を飲むことにとても拒否感がありました。
病友から痛みの質問を頂いた時 「今は痛みを我慢する時代ではなく 
良い痛み止めが出ているのだから飲んでね」と言って
いたのに 頭では解っているのですが・・・・・。
結局夜中に我慢できなくて鎮痛剤をのみました。
抗がん剤を飲んでいるのだから もう何を飲んでも同じと思うかもしれませんが・・・。
抗がん剤をのんでいるからこそ 飲みたくないと思う複雑な気持ちでした。
これは緩和ケア=ホスピスケアではないと 頭では解っているのですが
緩和ケア外来に行きたくないと思う気持ちと どこか共通しそうです。

sシラネアオイ (1024x768)
           北海道肺がん患者と家族の会

 日 時 9月7日(水) 午後1時~3時
 場 所 KKR札幌医療センター  会議室
      札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口徒歩3分
 顧 問 KKR 札幌医療センター 磯部 宏院長

    参加費 申し込み不要です。 気軽にお喋りしませんか。



9/10市民講座申し込みは左記をクリックして下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。