スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサンガ

misannga.jpg左記の写真は「ミサンガ」です。手首や足首などに巻き付けて使用し、ひもが自然に切れたら願い事がかなうという縁起担ぎ(逆ジンクス)の意味があるそうです。この「ミサンガ」を私が3回目の再発で「がん種」が変わり副作用の強い抗がん剤と放射線治療の為入院が決まった時 ある仲間の方々7人が贈って下さいました。そして皆さんが腕に着けて下さったとお聞きしていました。その時は もうすでに2種類の抗がん剤の説明も受け年内かお正月明けに治療が始まる予定でした。入院の日を決める為に病院に行くと 前の病院から 4回目の生研が来て EGFRの陽性が出たのでもう少し時間を置けると言われました。始めは信じられない位の驚きで 入院の準備も全て終わっていましたので これは「ミサンガ」の力だと思いました。本当に不思議で奇跡としか言いようがありません。人の思いって通じるのですね。仲間に感謝でいっぱいです。「ありがとうございます。お正月を家でむかえれます。」 でもこの病気はいつの日か「小細胞がん」の抗がん剤治療は避けられないと思っています。その時はこの「ミサンガ」を見て仲間の皆さんが側にいて下さると思い頑張るつもりです。温かいシニアネットマザーズの仲間に感謝でいっぱいです。

新しい年H29年の患者会は下記です。

         北海道肺がん患者と家族の会

 日 時 1月18日(水) 午後1時~3時
 場 所 KKR札幌医療センター  会議室
      札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口徒歩3分
 顧 問 KKR 札幌医療センター 磯部 宏院長

    参加費 申し込み不要です。 新しい年に 皆さまがお一人でも多く患者会に
    来られるように今年を乗り切りましょうね。


イルミネーション

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。