スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーキングサバイバーズフォラム2017

            北海道肺がん患者と家族の会

月 日    3月1日(水)  午後1時~3時
場 所    KKR札幌医療センター   会議室 
        札幌市豊平区平岸1条6丁目地下鉄南北線[平岸」で下車1番出口から徒歩3分

アドバイザー 札幌医療センター  磯部 宏院長

3月のミニ講座は 磯部先生から「オプジーボ」についてお話していただけます。

申し込み 参加費無料です。 2か月に1度の患者会ですので気軽に集まりましょう。


IMG_4594.jpg
2月12日(日)京王プラザホテル札幌で 
ワーキング サバ―バーズ フォーラム2017がありました。
1部は「片目を失ってみえてきたもの」  杉浦 克昭(ピーコ)さんのお話でした。
ピーコさんが「がん」になった時は患者会が無かった事。
もしあったら抗がん剤治療を受けている時色々聞けたのにと話されていました。
そして色々な人に支えて貰っているのが解ったと言われていました。

2部は4人のパネリストを交えて話がすすみました。
病気と闘うためにも 経済面の確保が必要
又東札幌病院の大村先生は病気を治すより 患者を社会に戻すことを考えていると言われました。
だが現実に北海道は「がん患者」を受け入れる企業が少ない。
あったとしても「正社員」の道は厳しいと話されました。
2人に1人ががんにかかる時代。
そのうち4人に1人は65歳未満の働き盛りの方が
かかると言われているそうです。
がん患者はもちろん職場や社会全体が がんとどのように向き合って行くべき
なのかを考えました。

IMG_4590.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。