スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1パーセントの確率

治療方針を決めようとするとき 確率が判断基準の鍵となります。
色々な抗がん剤の効く確率 放射線が効く確率 五年生存率・・・。私も医師から
「再々発しているので検査をして治療をしても しなくても生存年数は
変わらないので希望しなければ検査しません」と言われました。
でもそれは確率でのお話であり 全ての人に当てはまるとは思えませんでした。
「自分の身体の事は自分で把握していきたいので検査をお願いします」と 申し出ました。
治療の効果が出る確率が低ければ積極治療を中止し苦痛を取り除く事に
重点を置く選択肢もあります。
ただ 僅かな可能性にかける患者さんも今まで沢山見てきました。
肺がんの為 四十六歳でお亡くなりになった北大病院呼吸器内科山崎浩一先生が
医療関係者に向けて残された言葉です。
「今日は治らなくても 明日は良い治療方法が見つかるかもしれない。1パーセントの希望が
あれば、闘病意欲のある患者さんには その1パーセントにかけて頑張ろうと言うべきだ」と
命の終わりを見つめながら、前を向いて生きている患者さん達に確率ではなく 
希望を与える言葉を掛けて欲しいと切実に思います。


        第7回 北海道肺がん患者と家族の会

   日  時     5月20日(水) 午後1時~午後3時
   場  所     KKR札幌医療センター  3階第4会議室
              札幌市豊平区平岸1条6丁目 
              地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口 徒歩3分
  
   アドバイザー   礒部 宏先生
              (KKR札幌医療センター副院長 腫瘍センター長)
   
   対   象     肺がん患者・家族のみなさん・応援して下さるみなさん
 
            
             参加費 予約不要です。

sうさぎ

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

こんにちは。

メールが見つからなかったので、コメント欄に書きます。失礼します。私は長谷川一男と申します。神奈川県で肺がん患者会をこのたび立ち上げました。同じ病気のものなので、交流できればと思い、メールいたしました。よろしくお願いします。
肺がん患者の会・ワンステップ!長谷川一男
http://www.lung-onestep.jp/index.html
プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。