スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病があっても幸せになる事はできます。

札幌医科大学渡辺敦教授の「肺がんとの闘い~外科治療を中心に」という
講演がありました。会場では先生のレジメと一緒に
「北海道肺がん患者と家族の会」のちらしも
配布していただけました。
渡辺先生は担当医で2度の手術をして頂き 今は半年ごとの検診で
お会いします。

先生は講演の中で下記の事を訴えられました。
○ 人間は病気を治すために生きているのではなく 
  幸せを目指して生きているのです。
○ 医学が万能でない今 がん患者さん達に軽率な励ましは してはいけな事で
  あなたに回答を求めているのではなく 只ただ聞いてて欲しいだけなのです。
○ 我々の人生のゴールは幸福で 病があっても幸福になる事はできます。
  あなたは今生かされているのですから「肺がん」の為に
  幸せを手放さないで下さい。

お話をお聞きしていて涙が止まりませんでした。
このようなお話をなさる先生だから「患者会」を理解して 
後押しをしてくださったのだと思いました。

              第10回 北海道肺がん患者と家族の会

       日時  平成27年11月4日(水)  13時~15時
       場所  KKR札幌医療センター 会議室
             札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」

       顧問  礒部 宏先生
            (KKR札幌医療センター副院長  腫瘍センター長)
             参加費 申し込みは不要です。    


女子挨拶
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。