スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本肺がん患者会連絡会議のHPができました

患者会にご参加されている方から下記内容の記事が掲載されている
とご連絡いただきました。
肺がん治療は 最近目まぐるしく変わろうとしています。
何年か後には「肺がんが慢性病」になるような そんな日がきっと
来ると信じて治療を続けていたいと思います。
肺の気管支の表面にある細胞が、はうように動いて特定の場所に集まる様子の撮影に、
理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームがマウスで成功し、
17日付の米科学誌電子版に発表した.
この細胞は神経内分泌細胞(NE細胞)で、
肺の酸素濃度を検知するセンサーのような働きをするほか、
がん化すると、転移しやすい小細胞肺がんになるとされている。
森本充チームリーダーは「転移のしやすさはNE細胞が動く力を持つことと関係するかもしれず、
治療法開発につながる可能性がある」と話す。
(2015/12/18 共同通信発)


日本肺がん患者会連絡会議のHPができました。
http://www.renrakukaigi.net/r-index.html
上記をクリックしてみて下さい。
時々更新していきます。

来年の患者会は 第11回 北海道肺がん患者と家族の会

       日時  平成28年1月6日(水)  13時~15時
       場所  KKR札幌医療センター 会議室
             札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」

       顧問  磯部 宏先生
            (KKR札幌医療センター副院長  腫瘍センター長)
             参加費 申し込みは不要です。   

yukidaruma.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。