スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オプジーボの情報です。       

会のアドバイザーでもある「市民と共に創るホスピスの会」の山田富美子さんから
情報をいただきました。
肺がん治療でオプジーボを出来高算定
次期改定まで、1回118万円と「非常に高額」2016年1月13日 m3.com編集部
 2015年12月に追加の効果・効能として「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」
が厚生労働省に承認された、免疫チェックポイント阻害薬、PD-1抗体「オプジーボ
点滴静注20mg、同100mg」(一般名・ニボルマブ)について、DPC施設でも出来高算定
を認めることが決まった。実施は2月から。1月13日の中央社会保険医療協議会総会
(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で了承された。1回投与
が約118万円と高額で、特例的に早期に対応することになった。

 オプジーボは、メラノーマの治療薬として、小野薬品工業が2014年に製造販売承認
を取得。非小細胞肺がんの2次、3次治療薬としても効果・効能の申請がされ、優先審
査品目として特例的に短期間で薬事審査を受け、承認された。

 オプジーボは通常、成人には1回3mg/kg(体重)を2週間間隔で点滴静注する。厚労
省の試算によると、1回投与当たりの標準的な費用は118万449円と非常に高額で、こ
れまでの2次治療の標準治療薬であるドセタキセルの2日間投与時の薬価4万9477円を
大きく上回る。対象になり得る2次治療以降の非小細胞肺がん患者数は年間2.7万人い
るという。

 日本肺癌学会はオプジーボについて、投与中は入院下での慎重な経過観察も必要だ
としつつ、DPC施設で2週間の入院治療をした場合、「治療費の半分以上が施設の負担
になる」として、DPC包括評価の対象外とし、出来高算定にするよう求めていた。

 DPC制度では、「高額薬剤判定」を受けた新規保険収載・効能追加の医薬品は、使
用実績データが蓄積されるまでの間、包括評価の対象外としている。高額薬剤判定は
通常4月に行われ、同じく4月に診療報酬改定が予定されているが、早期に対応が必要
だとして、中医協の承認で高額薬剤として取り扱うことを決めた。

 オプシーボは、非小細胞肺がんのうち、約45%を占める特定の遺伝子変異が無い
「非扁平上皮がん」と、約25%を占める「扁平上皮がん」について、ドセタキセルを
比較対照とした海外の試験で、患者の全生存期間(OS)を有意に延長。NCCN
(National Comprehensive Cancer Network)のガイドラインでも、非小細胞肺がん
の2次治療薬として最も高く推奨されている。

          第12 回 北海道肺がん患者と家族の会

       日時  平成28年3月2日(水)  13時~15時
       場所  KKR札幌医療センター 会議室
             札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」

       顧問  磯部 宏先生
            (KKR札幌医療センター副院長  腫瘍センター長)
             参加費 申し込みは不要です。   



S鳥
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。