スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさんの方が患者会に参加されました。

S患者会

3月2日第12回患者会が開かれ 椅子が足りない位の沢山の方が寒い中参加して下さいました。ありがとうございまいた。
ミニ講座は秋葉先生が「PETやCTの検査」等のお話を詳しく教えて下さいました。
そのあと いくつかのテーブルに分かれグループでお話をして頂いたのですが どこも「治療の不安」「再発の不安」「副作用の不安」等が話せれ情報交換をされていました。
参加の皆さまが お話する事により少しでも 前を向けたら良いなと思いました。
患者会
磯部先生がたくさんのグループを廻られ 皆様のご質問にお答えになって下さいました。最後に総括され「ニボルマブ」が決して夢の新薬ではないこと たくさんの副作用が報告されているので主治医と良く相談して使うようにとお話がありました。

2月26日、厚生労働省は薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催して、抗がん剤4種の新規効能を了承

★AZD9291、オシメルチニブ(一般名)タグリッソ(商品名)
EGFRチロシンキナーゼ阻害薬に抵抗性のEGFR T790M変異陽性の手術不能・再発非小細胞肺がん

★セリチニブ(一般名)ジカディア(商品名)
クリゾチニブに抵抗性のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発非小細胞肺がん


「タグリッソ」を皆さまが使う事が出来るのは 早くて5月位だそうです。

               第13回 北海道肺がん患者と家族の会

 日 時     2016年 5月18日  午後1時~午後3時
         (5月は連休があるので第3水曜日になります)
 場 所     KKR 札幌医療センター 会議室
          札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」出口1番 徒歩3分

 アドバイザー 磯部 宏先生
          (KKR札幌医療センター 副医院長 腫瘍センター長)
       
                無料  参加申し込みは不要です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。