スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北大 がん転移の仕組み解明

「北大 がん転移の仕組み解明」という嬉しいニュースが何度も放送されていました。
「がん」になってから「再発」「転移」と言う不安は常にあります。
これがもし解決されるとしたら 夢のような事です。
早く 早く もっと もっと研究が進んで欲しいです。

北大 がん転移の仕組み解明北海道大学の研究チームは
がん細胞が血管に入りこむ新たなメカニズムを突き止め、
がん転移のより早い診断などにつな がるのではと期待されています。
がんの他の臓器への転移は、がん細胞が血管の細胞の間を通り抜けて
血液に入りこむことで起きるとされています。
また、がん細胞が血管の細胞の間を通り抜けるのは、
がん細胞が持つ機能によると考えられています。
北大の研究チームがさらに研究を進めた結果、がん細胞は、
腫瘍に接した血管の内側にある細胞から出るたんぱく質に誘 導されて血管を通り抜けることが
マウスによる実験などによって新たに分かりました。
がんが転移する新たなメカニズムがわかったことで、
がんの転移のより早い発見や転移を抑制する薬剤の開発などにつな がると期待されます。
研究チームの樋田京子特任准教授は、「さらに研究を進めていくことで、
がんが転移する前に転移の兆候を発見して抑え ることができ、
助けられる人たちを増やせたらと思います」と話しています。
この研究成果について、北海道がんセンターの加藤秀則副院長は、
「がんの転移を防ぐことはなかなか難しい中、患者個 人にあった診断や
転移の予防的治療ができるという可能性が広がり、非常に期待が持てる成果だ。
今後の薬剤開発にぜひ 役立ててほしい」と話しています。

            北海道肺がん患者と家族の会

 日 時 7月6日(水) 午後1時~3時
 場 所 KKR札幌医療センター  会議室
      札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口徒歩3分
 顧 問 KKR 札幌医療センター 磯部 宏院長

    参加費 申し込み不要です。 気軽にお喋りしませんか。


SIMG_4002.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。