スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進歩する肺がん治療

講演会
6月18日(土)北海道新聞 市民公開講座が開かれました。かなりの倍率だったみたいで 抽選に漏れました方は 少し先になりますが新聞に詳しく内容が掲載されるみたいですのでお待ちください。
私はパネリストとして患者代表で出ました。
事前に質問を受けている7問を皆さんでお答えしていきました。
私は人前でお話するのが苦手なので上がってしまい皆さんのお答えを覚えていません。
新聞に掲載されるまで お待ちください(笑)
私の伝えたかった事は・・・ご自分の生き方によって治療の選択しも違うので   
主治医の先生方と良く相談して決めて欲しい。もう一つは患者会には磯部先生はじめ ソーシャルワーカーさん 看護師さん 
社会労務士さんなど 手を差し伸べて下さっていますよ 等です。
1466322472441.jpg
以前交流会に参加して下さった方が釧路から来て下さったり がんセンターで一緒に入院していた病友が聞きに来て下さった事を知りとても嬉しかったです。今回の題にもなりましたが 本当にここ数年の薬物治療の進歩は目をみはるものがあります。
将来は 肺がんと共存して社会生活をおくれるような日も 夢ではないのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。