スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国横断パールリボンキャラバン2016

           北海道肺がん患者と家族の会

 日 時 11月2日(水) 午後1時~3時
 場 所 KKR札幌医療センター  会議室
      札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口徒歩3分
 顧 問 KKR 札幌医療センター 磯部 宏院長

    参加費 申し込み不要です。 気軽にお喋りしませんか。


11月は肺がん月間ですので 啓発活動をします。S全国縦断

札幌

ライトアップ

肺がんのこと in 札幌

肺がん講座ー1肺がん講座ー2
日本肺がん学会市民講座が 9月10日札幌であります。
日本肺がん患者連絡会の一員として「肺がん治療と向き合って」と言う題で
私もお話させていただきます。
FAXかメールでのお申込みが必要です。是非聞きに来て下さい。
ここ1月前位から右肺(胸骨? 胸膜?)が痛い日が続いていました。
肺は痛みを感じませんので手術あとの部分骨折か胸膜の
転移かなと思いながら忙しい日々を送っていました。
でも段々痛みがひどくなり 夜も眠れない日が続いたので予約なしで
受診をお願いしました。とても丁寧な先生なのと その日は学生さんと一緒に患者さんを
診る日だったために私の順番が来た時にはもう夕方になっていました。
先生はお疲れからか目が真っ赤でしたが
丁寧に診て下さり後日検査になりました。
とりあえず痛み止めのお薬を処方して下さったのですが 
痛み止めのお薬を飲むことにとても拒否感がありました。
病友から痛みの質問を頂いた時 「今は痛みを我慢する時代ではなく 
良い痛み止めが出ているのだから飲んでね」と言って
いたのに 頭では解っているのですが・・・・・。
結局夜中に我慢できなくて鎮痛剤をのみました。
抗がん剤を飲んでいるのだから もう何を飲んでも同じと思うかもしれませんが・・・。
抗がん剤をのんでいるからこそ 飲みたくないと思う複雑な気持ちでした。
これは緩和ケア=ホスピスケアではないと 頭では解っているのですが
緩和ケア外来に行きたくないと思う気持ちと どこか共通しそうです。

sシラネアオイ (1024x768)
           北海道肺がん患者と家族の会

 日 時 9月7日(水) 午後1時~3時
 場 所 KKR札幌医療センター  会議室
      札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口徒歩3分
 顧 問 KKR 札幌医療センター 磯部 宏院長

    参加費 申し込み不要です。 気軽にお喋りしませんか。



9/10市民講座申し込みは左記をクリックして下さい。

肺がんBOOKの創刊号

小冊子
日本肺がん患者連絡会で肺がん患者さん達にむけて 左記小冊子を作成しました。創刊号ですよ。日本全国で肺がん患者さん達が 同じ思いをしながら 諦めないでいる様子が伝わってきます。がん拠点病院・相談支援センター・全国420箇所に配布してあります。是非手に取ってみて読んで下されば嬉しいです。そして皆さん同じ思いで この時 この時を 諦めないで生きている事を知って欲しいなと思います。沢山の仲間がいます。そして 外科の先生 放射線科の先生 内科の先生 製薬会社の皆さんが 頑張って下さっています。お一人で悩まないで下さいね。この小冊子に「日本全国肺がん患者会」のマップが載っています。
お近くの患者会に是非参加してみて下さい。表紙の久光重貴さんも 肺がん治療をしながら
現在もフットサル選手として現役でプレーしています。






                      
         第13回 北海道肺がん患者と家族の会
  
  日 時     5月18日(水)  午後1時~ 3時
  
  場 所      KKR札幌医療センター 会議室   札幌市豊平区平岸1条6丁目
            地下鉄南北線「平岸駅」1番ホーム出口 徒歩3分

   アドバイザー  KKR札幌医療センター    礒部 宏院長

          参加費 申し込み 不要です。   皆さんでおしゃべり しませんか。

              

日本肺がん患者連絡会に加盟しています

JLCA 完成ロゴ 2のコピー


北海道肺がん患者と家族の会は 上記に加盟しています。

他の患者会にもたくさんの情報があります。

肺がん患者の会ワンステップ!    http://www.lung-onestep.jp/

神戸肺がん患者会(肺ゆう会)      http://kobefurukawa.wix.com/haiyu-kai

三重肺がん患者会   http://www13.plala.or.jp/cancer/

Sロゴ

 第13回 北海道肺がん患者と家族の会

日 時     2016年 5月18日  午後1時~午後3時   (5月は連休があるので第3水曜日になります)
場 所     KKR 札幌医療センター 会議室
          札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」出口1番 徒歩3分

 アドバイザー 磯部 宏先生
          (KKR札幌医療センター 副医院長 腫瘍センター長)
       
                無料  参加申し込みは不要です。 たくさんお喋りしましょう。

日本肺がん患者会連絡会議のHPができました

患者会にご参加されている方から下記内容の記事が掲載されている
とご連絡いただきました。
肺がん治療は 最近目まぐるしく変わろうとしています。
何年か後には「肺がんが慢性病」になるような そんな日がきっと
来ると信じて治療を続けていたいと思います。
肺の気管支の表面にある細胞が、はうように動いて特定の場所に集まる様子の撮影に、
理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームがマウスで成功し、
17日付の米科学誌電子版に発表した.
この細胞は神経内分泌細胞(NE細胞)で、
肺の酸素濃度を検知するセンサーのような働きをするほか、
がん化すると、転移しやすい小細胞肺がんになるとされている。
森本充チームリーダーは「転移のしやすさはNE細胞が動く力を持つことと関係するかもしれず、
治療法開発につながる可能性がある」と話す。
(2015/12/18 共同通信発)


日本肺がん患者会連絡会議のHPができました。
http://www.renrakukaigi.net/r-index.html
上記をクリックしてみて下さい。
時々更新していきます。

来年の患者会は 第11回 北海道肺がん患者と家族の会

       日時  平成28年1月6日(水)  13時~15時
       場所  KKR札幌医療センター 会議室
             札幌市豊平区平岸1条6丁目 地下鉄南北線「平岸駅」

       顧問  磯部 宏先生
            (KKR札幌医療センター副院長  腫瘍センター長)
             参加費 申し込みは不要です。   

yukidaruma.jpg
プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。