スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PD-L1抗体アテゾリズマブ承認申請

            北海道肺がん患者と家族の会

月 日    3月1日(水)  午後1時~3時
場 所    KKR札幌医療センター   会議室 
        札幌市豊平区平岸1条6丁目地下鉄南北線[平岸」で下車1番出口から徒歩3分

アドバイザー 札幌医療センター  磯部 宏院長

3月のミニ講座は 磯部先生から「オプジーボ」についてお話していただけます。


申し込み 参加費無料です。 2か月に1度の患者会ですので気軽に集まりましょう。


2月17日 中外製薬株式会社は 非小細胞肺がん3番手
免疫チエックポイント阻害薬テセントリク製造 販売を承認申請しました。 
詳しくはhttps://oncolo.jp/news/170220k01を開いて
読んで下さい。

hana-s.png

3月1日「肺がん患者と家族の会」があります。

            北海道肺がん患者と家族の会

月 日    3月1日(水)  午後1時~3時
場 所    KKR札幌医療センター   会議室 
        札幌市豊平区平岸1条6丁目地下鉄南北線[平岸」で下車1番出口から徒歩3分

アドバイザー 札幌医療センター  磯部 宏院長

3月のミニ講座は 磯部先生から「オプジーボ」についてお話していただけます。


申し込み 参加費無料です。 2か月に1度の患者会ですので気軽に集まりましょう。


2月からNHKで「がんの特集」をして下さるそうです。
1月からかなり丁寧に取材をされていました。
NHK札幌放送で 21日(火)18時30分から19時の間「ほっとニュース北海道」で
放送するそうです。
皆さんも楽しみに見て下さいね。

2月17日(金)Nikkei plusuの中で 新薬がん免疫薬「キィトルダー」について
解りやすく取り上げていました。
見逃した方の為に大事なとこだけ載せます。

opuji-bo -1pgオプジーボ
オプジーボ3
左記の表は臨床試験が進んでくると変わってくることがあるそうです。
そしてこの2つは承認されたので保険適用になります。
これからは バイオマーカ(効く人と効かない人を見極める)そして効かない人にも
どのようにしたら効くか 又患者に無駄な治療をして負担をかけないような
方向で研究が進んでいると話されていました。
一番聞きたかった 効く比率は単独で10~20%だそうです。又この素晴らしいところは転移している部位にも
効くということですと話されていました。少しでも多くの方に効果があると良いですね。


ワーキングサバイバーズフォラム2017

            北海道肺がん患者と家族の会

月 日    3月1日(水)  午後1時~3時
場 所    KKR札幌医療センター   会議室 
        札幌市豊平区平岸1条6丁目地下鉄南北線[平岸」で下車1番出口から徒歩3分

アドバイザー 札幌医療センター  磯部 宏院長

3月のミニ講座は 磯部先生から「オプジーボ」についてお話していただけます。

申し込み 参加費無料です。 2か月に1度の患者会ですので気軽に集まりましょう。


IMG_4594.jpg
2月12日(日)京王プラザホテル札幌で 
ワーキング サバ―バーズ フォーラム2017がありました。
1部は「片目を失ってみえてきたもの」  杉浦 克昭(ピーコ)さんのお話でした。
ピーコさんが「がん」になった時は患者会が無かった事。
もしあったら抗がん剤治療を受けている時色々聞けたのにと話されていました。
そして色々な人に支えて貰っているのが解ったと言われていました。

2部は4人のパネリストを交えて話がすすみました。
病気と闘うためにも 経済面の確保が必要
又東札幌病院の大村先生は病気を治すより 患者を社会に戻すことを考えていると言われました。
だが現実に北海道は「がん患者」を受け入れる企業が少ない。
あったとしても「正社員」の道は厳しいと話されました。
2人に1人ががんにかかる時代。
そのうち4人に1人は65歳未満の働き盛りの方が
かかると言われているそうです。
がん患者はもちろん職場や社会全体が がんとどのように向き合って行くべき
なのかを考えました。

IMG_4590.jpg

受動喫煙

             北海道肺がん患者と家族の会

月 日    3月1日(水)  午後1時~3時
場 所    KKR札幌医療センター   会議室 
        札幌市豊平区平岸1条6丁目地下鉄南北線[平岸」で下車1番出口から徒歩3分

アドバイザー 札幌医療センター  磯部 宏院長

3月のミニ講座は 磯部先生から「オプジーボ」についてお話していただけます。

申し込み 参加費無料です。 2か月に1度の患者会ですので気軽に集まりましょう。


2月9日(木)の毎日新聞に「受動喫煙」のことが載っています。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6229610

このままではなし崩しの法律になりかねません。

私達が不安に思っていることを 取り上げて記事にして下さった下桐記者さんに感謝のメールをしました。
下桐記者さんは丁度昨年の今頃「北海道肺がんと家族の会」を取材に来て下さいました。

5月が世界禁煙デーだそうです。
5月27日チカホで「難治性がん啓発キャンペーン2017」をします。
肺がんの検診の重要性の他に「受動喫煙」についても取り上れると良いなぁと思っています。

おだいりさま1おひなさま1

3月1日患者会があります

             北海道肺がん患者と家族の会

月 日    3月1日(水)  午後1時~3時
場 所    KKR札幌医療センター   会議室 
        札幌市豊平区平岸1条6丁目地下鉄南北線[平岸」で下車1番出口から徒歩3分

アドバイザー 札幌医療センター  磯部 宏院長

3月のミニ講座は 磯部先生から「オプジーボ」についてお話していただけます。

申し込み 参加費無料です。 2か月に1度の患者会ですので気軽に集まりおしゃべりしませんか。


緩和ケア緩和ケア-3

2月5日(日)「緩和ケア」があたりまえの世の中になるようにという 街頭イベントがありました。
10年ごの「緩和ケア」がどうなって欲しいか・・。等興味深いパネルもあり 
たくさんの先生からの「緩和ケア」についてのお話もありました。
私が心に残ったのは Well-being・・・より良く生きる
何事も自分で決断する大切さでした。そうすると後悔も少ないのかなと思いました。
でもその為には なるべくたくさんの情報が欲しいです。

sオ-バーコート




プロフィール

ピアサポート

Author:ピアサポート
会の代表 野村 玲子 札幌市在住 2006年肺腺がん見つかり 現在分子標薬服用中 

アドバイザー
KKR札幌医療センター 
磯部 宏院長
NPO 法人市民と共に創るホスピスケアの会山田 富美子様
市民の為のがん治療の会 元北海道支部長 木村 勝夫様 

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
一人ではないですよ!
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。